登録団体募集
True Japan budo karate organization

【眞の日本武道を追及する団体として、大会時の防具は、あくまで選手の安全のために着用しています】

名誉会長/藤岡 弘、(俳優・武道家)
藤岡 弘、連盟名誉会長公式サイト

、全世界はまさに揺れ動き、善悪が交差する激動の時代であります。このような時、何を見据え、どう生きるべきか。一人一人が確固たる精神を持ち、自己の良心に従って生きるべきであり、だからこそ、武士道精神が最も必要なのであります。武道を通して心と精神の中心を取り、自己を修め、自己犠牲の精神を持って、世の為、人の為に生きる。天を愛し、世界を愛し、国を愛し、人を愛し、家族を愛し、自己を愛す。武士道と言う日本文化の伝統の中に、世界を救う人類共通の道徳があることを、今こそ日本を背負う青少年に、目覚め、氣付かせ、覚醒させることが重要であります。今こそ危機感を持ち、道義大国、道徳大国として世界に誇れる人格、品格を持った眞の国際的リーダーとなる青少年を育成することに情熱を注がれる富樫総帥に、心より敬意を表するものであります。日本と世界の未来を託し、委ねられる青少年を育成していくことが我々の使命と心得ております。
 故に、ここにおける富樫総帥に心より賛同するものであります

                            
合掌 藤岡 弘、

連 盟 趣 旨
さて私共『眞日本武道空手道連盟・KARATE KID'S JAPAN』では、日本の財産であり伝統である日本武道を21世紀に生きる青少年達に継承・伝承し指導育成することが、日本人としての使命であるとの立場から当連盟を設立致しました。基本的に、趣旨、規約、大会運営にご賛同頂ける個人、団体の方々が加盟できます。組織的な上下関係は無く、連盟主催の全国大会に共催団体として大会運営・進行・審判派遣に協力して頂きます。各団体は、自由で独立した団体として活動し、大会・交流以外の活動(経営・技術・信条・思想)に関しては一切関与致しません。但し 趣旨は同一とします。連盟の目的は、青少年への武道継承と後継者の育成であり、各団体会員の交流・親睦を目的とし、互いに学ぶべき組織として交流を深め、眞の日本武道の継承と地域社会の青少年育成に貢献する事が目的であります。混迷する社会状況では、青少年に武道を通して様々な「体験学習」を積ませる事が必要であり、その体験できた一つ一つが真実であり、答である事を理解させる事が重要です。その体験を基本にすれば、生涯の財産として「武道体験」が活きてくるのです。体験を怖がり拒否する限り未来への「ココロ」の成長は閉ざされてしまいます。このような混迷した社会状況で、一つのことをやり遂げる事は困難を極めます。青少年を取り巻く環境も変化し、指導者に成っている人達の時代とは大きく様変わりしています。しかし、人が育つ意味に於いては何時の時代も変わりません。誘惑の多い社会ですが、我々武道空手道を志す指導者が、少しでも青少年育成と社会環境の浄化に役立てれば幸いです。
代表理事・富樫宜弘

眞日本武道空手道連盟KARATE KIDS JAPAN
《 連盟役員 》
名誉会長
藤岡 弘、

俳優・武道家


会長菅原 一秀
梁山泊・名誉会長
(衆議院議員
)
会長菅原 一秀
梁山泊・名誉会長
(衆議院議員
)
自由民主党
副幹事長

連 盟 顧 問
塚本弥一郎

会社社長
連 盟 顧 問
武論尊
劇画作家
代 表 理 事
富樫 宜弘
梁山泊・総帥
常 任 理 事
藤原 淳
藤原道場・代表
常 任 理 事
立崎 国夫

尚道館・代表
常 任 理 事
岩瀬
豊成

梁山泊・最高師範
常 任 理 事
大森
広介

大森道場・代表
連 盟 理 事
佐々木 一良
修道館・館長
理  事
山中 一英
梁山泊・最高師範
理  事
安里 悟
梁山泊
評 議 員
富樫
龍一

梁山泊・師範
評 議 員
猿渡 真
梁山泊・師範
評 議 員
小菅 史泰 
梁山泊・師範代
評 議 員
足立 洋史
梁山泊・師範代
評 議 員
渕上健太郎
梁山泊・師範代
評 議 員
伊東 拓也
梁山泊・師範代
評 議 員
相馬 祐次
梁山泊準指導員
評 議 員
黒木 純
梁山泊指導員
評 議 員
浦田 眞五

藤原道場指導員
評 議 員
宗田 政次
梁山泊・指導員
評 議 員
服部 
梁山泊・指導員
評 議 員
黒木 優
梁山泊準指導員
連盟協力団体
日本実践空手道/志誠塾
代表・白井 修
沖縄拳法空手古武道協会
比嘉道場

代表・比嘉 学
連盟協力団体
世界新実戦空手道機構
宮川道場

代表・宮川博人
連盟協力団体
空手道/鈴木塾
代表・鈴木達也
連盟協力団体
国際FSA拳真空手道連盟
代表・羽山威行

眞日本武道空手道連盟・公認段位認可者名簿
公認八段位 富樫 宜弘(梁山泊)
眞武第一号
公認七段位 藤原 淳(藤原道場)
眞武第二号
立崎 国夫(尚道館)
眞武第三号
岩瀬 豊成(梁山泊)
眞武第四号
大森 広介(大森道場)
眞武第八号
公認六段位 山中 一英(梁山泊)
眞武第七号
南原 昌彦(梁山泊)
眞武第十号
佐々木一良(修道館)
眞武第三十号
公認五段位 猿渡 真(梁山泊)
眞武第十八号
富樫 龍一(梁山泊)
眞武第九号
前澤 昌昭(藤原道場)
眞武第十二号

公認四段位 浦田 眞五(藤原道場)
眞武第十四号
足立 洋史梁山泊)
眞武第十一号
小菅 史泰(梁山泊)
眞武第十五号
阿部 悟
藤原道場

眞武第十三号
公認四段位 伊東 拓也(梁山泊
眞武第三十四号
相馬 裕次(梁山泊)
眞武第三十五号
宗田 政次(梁山泊)
眞武第十六号
服部 修(梁山泊)
眞武第十七号
公認弐段位 加藤 誠次(大森道場)
眞武第二十三号
奥田 小百合(大森道場)
眞武第二十七号
高瀬 文太(大森道場)
眞武第三十一号
平成27年1月1日認可
公認初段位 宮田 祐樹(大森道場)
眞武第二十四号
宮田 一樹(大森道場)
眞武第二十五号
杉山 りさ子(大森道場)
眞武第二十六号
奥田 翔太(大森道場)
眞武第二十九号
公認初段位 櫻井 正樹(大森道場)
眞武第三十二号

平成27年1月1日認可
奥田 愛理(大森道場
眞武第三十三号
平成27年1月1日認可

眞日本武道空手道連盟・規

第1条 
当連盟の名称は、眞日本武道空手道連盟&KARATE KID'S JAPANと称し、名誉会長は、藤岡弘、会長は、菅原一秀とする。

第2条 
当連盟の目的は、日本の伝統である武道を通した体験学習により地域社会の青少年を指導育成する事である。

第3条
連盟代表事務局は,梁山泊空手道連合とする。登録団体は連盟名を各団体名の前に表記できる事とする。連盟脱退後は、名称使用不可とする。無届脱退は、即時名称使用停止として違約金拾万円を支払う事とする。

例1「眞日本武道空手道連盟・大森道場」例2「カラテキッズ練馬 又はKARATE KID'S練馬」

第4条
当連盟への登録は、署名捺印した加盟書と登録料を代表幹事団体に提出する事。以後。毎年3月末まで連盟名使用料(登録料)1万円を納入する事とする。
但し、半年以上未納の場合は登録抹消とする。又、連盟の公認段位認可料は一律5千円とする。

第5条
当連盟の名称は、大会・広告・看板・代表者の名刺・空手依・衣類等に限定し使用を許可する。

第6条
当連盟は、武道空手道の継承と各団体との相互交流の場であり、各宗教・暴力・右・左翼団体などへの勧誘等の行為は一切禁止とする。

第7条
当連盟の登録団体は、優先的に連盟主催の全国大会・講習会等に参加できる事とする。代表幹事団体主催の全国大会は、東京に於いて年一回を基本とする。

第8条
全国大会の映像・写真画像等の著作権及び二次使用権等は代表幹事団体に帰属する事とし、登録団体が無断で使用・利用又は著作権法に違反した場合、著作権法に従い対処する事とする。

第9条
加盟団体及びその所属会員は、傷害保険加入を原則とする事とし、全国大会での、人的・物的事故(負傷・けが)等は、自己責任とし、各登録団体が加入した保険の範囲内で、その事故・負傷等に対処する事とし、主催団体・個人に対しての責任を一切問わない事とする。

10
連盟主催の審判講習参加者は、全国大会の審判資格を取得できる事とする。

11
当連盟の登録料は、大会案内・講習会・通知書作成費、通信費、大会実務員への謝礼及び代表幹事団体の活動経費とする。

12
各認可団体の活動には互いに干渉せず、自由で独立した団体として活動し、運営費・大会経費は各団体の経費とし、連盟はこれに対し一切の負担しない事とする。但し、他団体への二重登録は事前に許可を得る事とする。

13
当連盟会議は、大会・連盟拡大・規約等を議題として、年1回東京で行う事とする。

14
上記規約に違反した場合は、直ちに承認を破棄し除名とする。又、今後一切の連盟名称の使用及び加盟団体との交流を禁止し、違約金拾万円を支払う事とする。

    (上記、文章・写真は、三貴プロダクション・藤岡 弘様より許可を得て掲載しています。)
  第9回日本武道空手道選手権大会・第3回KARATE KID'S JAPAN CUP(大会パンフレット)より抜粋
当連盟の趣旨にご賛同頂ける団体を広く募集しております。
資料請求/120円切手同封の上、参加資料希望と明記し、下記に郵送下さい
問合せ/〒177−0034 東京都練馬区富士見台4−12−16 南光ビル
梁山泊空手道連合事務局
TEL 03-5848−3043

当サイトの文章、写真等の無断転載、掲載は、一切禁止します。